私もニキビで悩んでた過去があります。

はじめに

 

このページは下記の順に項目が表記してあります。
         もくじ 広告1

 

ニキビケア商品の総合ランキング

肌質タイプ別のニキビケア方法

自分の肌質チェック方法

効果的なニキビの治療法

 

 

広告1

私もニキビに悩まされた過去が数年あり、憂鬱な日々を過ごしていました。皮膚科の先生や薬局の薬剤師にも相談をしてきました。
女性なら誰しも子供のようなプルプル美肌を取り戻したいと思いますよね?

 

 

しかし、安心してください。自分の肌質に合ったニキビケア化粧品を正しく使えば自宅でも必ずニキビは完治して美肌を取り戻せます。

 

 

広告1

 

広告1

私は現在、皮膚科の看護師になり、もっとお肌の知識を増やしている美肌マニアですw

 

私が言うのもおかしいのですが、市販のニキビケア化粧品は十分に改善・予防効果があり治療に有効的です。

 

このサイトはニキビを改善・予防するニキビケア化粧品を紹介するだけではなく、私の美容知識も生かしながら肌質改善を目指して美肌を取り戻す前提でお話しをしていきたいと思います。

 

広告1
肌質部門別 ニキビケアランキング

 

脂性肌・混合肌 部門

 

第1位

ルナメアAC ★2冠獲得

ルナメアAC

乾燥肌・敏感肌 部門

 

第1位

ノブ AC ★2冠獲得

Nov ACアクティブトライアルセット

普通肌 部門

 

第1位

どろあわわ

どろあわわシリーズ4点セット

 

 

 

 

 

広告1

広告1

 

肌質タイプ別

 

ニキビケア化粧品

広告1

広告1

 

 

 

肌質別にニキビ治療に効果的なニキビケア商品を紹介しています。

 

自分の肌質をクリックしてください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

広告1

 

広告1

 

広告1

 

広告1

 

広告1

 

自分の肌質のセルフ診断方法は下記に表記しています。

 

広告1

自分の肌質を理解して正しいニキビケア

一言でニキビといっても、ニキビのできた原因は様々。そこには人それぞれの肌質も大きく関係しています。自分の肌質をきちんと理解して肌質のタイプ別にニキビケアやスキンケアをしましょう!

 

自分に合ったニキビケアを見つけることがニキビ改善の道のりへの第1歩ですよ^_^?

 

それでは、自宅で簡単に肌質のセルフチェックができる方法ですので、是非試してみてくださいね♪

 

いつも通り洗顔してください。
化粧水を付けずに20〜30分放置してください。

 

広告1 広告1 広告1

 

 

 

さて、お肌の状態は?

 

このセルフチェックは洗顔直後に化粧水に手を伸ばしたいところですがそこは我慢です(笑) 水分量(セラミド)と油分量(皮脂)を対象にして調べているのです。

 

広告1

 

 

 

あなたは何肌だった?


 

 

ひどい突っ張り感があり白く粉を吹いた状態の人

広告1

ドライ(乾燥)肌

広告1

 

 

 

全体的に皮脂分泌が盛んで、ベタつきがある人

広告1

オイリー(脂性)肌

広告1

 

 

 

乾燥肌と同じ状態で尚且つ肌がピリピリしたり赤くなったりする人

広告1

敏感肌

広告1

 

 

 

全体的には突っ張り感があるのにTゾーンを中心にベタつきを感じる

広告1

混合肌

広告1

 

やや突っ張る感じはあるが次第に潤ってくる人

広告1

ノーマル(普通)肌

広告1

 

 

 

 

さて、自分に当てはまる肌質はどのタイプでしたか?各項目ではタイプ別に適した、効果的なニキビケア商品を紹介します。是非参考にしてください!

 

また肌質のセルフチェック診断方法をさらに詳しく説明したページもご用意していますので気になる方は下記をクリックしてください。

 

広告1

ニキビができやすい人・できにくい人

ニキビは「できやすい人」と「できにくい人」がいます。また、「肌荒れする」「肌荒れしない」人もいます。
それは何故か?というと、ニキビは体質と生活環境に大きく左右される事はもちろんですが、ほとんどの人は自分のお肌に合った

 

ニキビケア  スキンケア

 

をしていないのです。または自分のお肌に対して間違ったニキビケアやスキンケアをしています。

 

ニキビや肌荒れを改善するのに重要なのは

 

正しいニキビケア・スキンケア70%

 

体質改善・生活習慣改善   30%

 

広告1

7対3の割合で重要になります。つまり7割は正しいニキビケアやスキンケアで改善できて、併用して体質改善や生活習慣改善をしましょうということです。

あなたの悩みの種のニキビはどんなニキビに当てはまりましたか?
ニキビは体全体の何処にでも出来得る皮膚疾患です。顔の中でも特にTゾーンにニキビができやすい人、逆に頬や首などにできやすい人もいれば、背中や胸などの体にできる人もいます。
年齢や肌質、生活習慣などによってもニキビの原因や症状が違ってくるわけですね(O_o)

 

ニキビケアのためにインターネットのサイトから情報を収集し、ネット通販などを利用しながらニキビケアをされている人も多くいらっしゃるかと思いますが、思ったようには効果が現れず、長期に渡ってケア用品の選定に悩んでおられる人も多くいらっしゃるようです。
思ったような効果が現れない原因は、使用中のケア用品が、自身の肌質に合っていない場合がほとんどなのです。

 

肌質には大きく分けて、普通肌,乾燥肌,脂性肌,混合肌,敏感肌などがあげられます。
例えば、脂性肌なのに油分を与えることを目的とする保湿性の強いケア商品では、逆にニキビを悪化させる可能性も高くなり本末転倒となってしまいますよね。当然、自身の肌質に合った商品を選定することがベストなわけです!

 

このサイトでは。。。肌質とニキビの種類の関係性に着目して一刻でも早く、1人でも多く悩みの種から解放されることを願って、オススメのニキビケア商品やケア方法を紹介していきたいと思います^_^?

ニキビをできなくする為の実践編

ニキビができやすい人、できにくい人の体質や環境の差、なぜニキビができてしまうのかについてお話しましたが、ではどうやってニキビができない肌質へと改善していったら良いのか実践すべきことを述べていきたいと思います。

生活習慣改善

ニキビは環境が大きく左右されると言いましたが、「生活が不規則な人」が第一要因として挙げられます。
生活が不規則であると、食事の取る時間がバラバラだったり、外食が多かったり、就寝時間が日によってマチマチだったりということが言えると思います。
それらが原因となってニキビができてしまうことを実感するタイミングがなくて、この記事で初めて知る人もいるのではないでしょうか?

食事について

食事を取る時間帯が違えば、体内のリズムは一定に収まらず、本来人間が持っている免疫機能が低下します。それにより、ホルモンバランスが乱れがちになりニキビの発症原因となるのです。
外食が多くて栄養が偏れば誰しもが身体には良くないとイメージは立ちますが、事実すぐにはその悪影響は実感できない為に、病気になってから気づくことがほとんどです。
ニキビはその病気の初期段階の症状の現れと言えるでしょう。
栄養不足になった体内では必要な栄養素が不足し、皮脂分泌を過剰に増加させてしまうことにより毛穴に角栓ができ詰まりを起こしてニキビを作ってしまいます。
日々当たり前に気を付ければ良いことができない為にニキビを作ってしまう要因にもなっているのです。
よって食事は決まった時間に摂取するようにして、外食はなるべく避け、ニキビ改善に効果のあるビタミンB群を意識的に取るようにしましょう!

睡眠について

睡眠は人間の身体をメンテナンスする大切な時間帯です。
入眠時間が毎日違えば体内が十分にメンテナンスできないまま目覚めてしまいます。
決まった時間に睡眠をし、リズムの良い生活を送ることによって睡眠の質も向上し一層身体のバリア機能も向上してくれます。
メンテナンスの一部として入眠後3時間はお肌のターンオーバーが活発に行われる時間帯です。これは有名なお話ですが、「お肌のゴールデンタイム」または「シンデレラタイム」という言葉を聞いたことはないでしょうか?
この入眠してから3時間の睡眠の質によって、ターンオーバーの活動に多大な影響を与えていることからこう呼ばれているのです。
睡眠の質を向上させる為に、寝室にはリラックスできる環境を整えたり、お風呂上りにストレッチを行ったり、ホットミルクなど睡眠効果のあるドリンクを寝る前に取ったりしてぐっすりと眠れるようにするとお肌のターンオーバーの活躍により、翌朝お肌のハリですぐに効果を実感できると思います。

清潔な空間作り

生活習慣以外にも環境要因としては気を付けなければならないことがあります。それは「不衛生」であることはダメだということです。
ニキビは雑菌が付着して発生させるケースも多々あります。
例えば寝室のマクラ、、、「あなたとはいつマクラカバーを洗いましたか?」「いつマクラを日干ししましたか?」
不衛生であればあるほど、雑菌が皮膚に付着するタイミングが多くなり、その時に身体のバリア機能が低下していたりしたら、すぐに吹き出物ができてしまいますよ?
寝室のベットカバーやマクラカバーなどは一日のうちで一番肌に接触している時間が多いので例に挙げましたが、それだけではなく通勤時間に毎日使うイヤホン、今や生活にかかせないスマートフォン等も常に清潔に保つようにしましょうね。

体質改善編

生活環境とは別にもう一つ大きく分けられるのがこの体質が要因となってできてしまうニキビです。
環境の改善は自分の意識ひとつで大きく改善が見込めますが、この体質改善についてはそう簡単ではありません。
イメージとしては時間をかけ少しずつ体質を改善していくことになりますので、地道な努力の積み重ねとなります。
環境にも一部重なる部分がありますが、この体質でできてしまうニキビの原因としてはストレスが挙げられ、ストレスを溜め込みやすい人ほど、ニキビを発症しやすくなります。
環境と重なると言ったのは会社での人間関係や仕事内容で主にストレスを受けることが多い為、環境によって個人差にかなり違いが出てくると思いますが、ここでは心理的ストレスの負担が日々大きいと感じる人が読んでくだされば結構だと思います。
話を戻しますが、ストレスが溜まると自律神経に乱れが生じます。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つがあり、通常は副交感神経が優位に働いている状態です。
しかしストレスが溜まると交感神経が優位に働き始め、男性ホルモンが分泌されます。この現象は身体がストレスから身を守る防御反応として問題ない反応なのですが、男性ホルモンの副産物として皮脂分泌を促すアンドロゲンやアドレナリンを排出してしまうことに原因があります。
皮脂分泌が過剰に生成されてしまえばそれがトリガーとなってニキビを作りやすい肌環境となってしまう訳ですね。
ではストレスから発生するホルモンバランスの乱れを起こさない為にはストレス軽減を緩和する以外にはないのですが、個人の個性によって軽減できやすい人、できにくい人が存在する為に、「誰しもが明日からストレスがかからない心理状態にする」ことは難しいと言えます。
ストレス軽減を計る対処方法としては「十分な休息」を取り、「リラックスできる」時間を持ち、「趣味に没頭できる」楽しみを持つことが良いでしょう。
体質改善は一朝一夕にできるものではないですが、普段から意識を持って取り組めばいつの日か自然と自分のスタンスができてくるので気長に取り組んでいきましょうね!!

体質ではホルモンバランスが崩れやすい人、ストレスを溜め込みやすい人等が上記に該当し、生活環境では、仕事上生活のリズムが一定ではない人、食事の栄養バランスが取れていない人、睡眠のリズムが悪い人等が挙げられます。

 

なので折角治せたとしても体質と環境が改善されなければ、またニキビができてしまうことになり、そのような人がニキビ常習者となる訳です。
もう少し噛み砕いて話せば、ニキビを治すことはそれほど難しいことではなく、本当に難しいことはその後にニキビができない体質や環境に改善することだと言えます。
このサイトを通して、体質と環境の改善を意識を持って取り組み、私と同じ悩みを持っている人が喜んでもらえれば私としてもとても嬉しく思います。

 

 

お肌の仕組みについて

お肌の細胞はずーっと生き続けているのではなく、生まれ変わりながら循環しています。
ではどこから生まれてくるのかというと、表皮の深部にある基底層という部分から細胞分裂によって作られ、おそよ28日かけて表皮まで到達します。
このことをターンオーバーっていうんですが、女性の方ならば一度は聞いたことがありますよね?
ターンオーバーにより、表皮は常に元気な肌細胞の状態を保ち、外的な刺激から身を守ってくれているのですが、このターンオーバーが乱れるとニキビができる原因のひとつになります。

皮膚は何層も積み重ねられている

皮膚は肌表面から表皮、真皮、皮下組織という順の3つの層から成り立っていて、一番外側にある表皮はさらに5層に分類することができます。
角質層、透明層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層の順に皮膚内部へと層を積み重ねているのですが、先ほど肌細胞が作られている基底層というのは表皮の一部のことなのです。

 

話を戻しますが、基底層で生まれた肌細胞が28日かけて皮膚の一番外側にある角質層まで届いたら、肌細胞の寿命が尽き、皮膚から別離し垢となって排出されていきます。
このような循環で常に肌の防衛機能を高めることにより、紫外線から守る役割を果たしてくれているということですね!

 

どんな肌質でも効果あり!

老廃物を流してニキビケア

老廃物が溜まると、顔への影響がこんなにも!

 

顔に溜め込んだ老廃物は、見た目への影響を大きく及ぼします。ニキビや肌荒れ,むくみ,しわやたるみ,くすみやクマ...不要なものを溜め込んでいても全くいい事がありませんね。

広告1

顔の老廃物をスムーズに流す方法をお伝えしますので、是非実践してみてください。むくみが無くなりフェイスラインがすっきりし、くすみやニキビ等の肌トラブルも改善されていきますよ♪

広告1

溜まった老廃物は、顔の肥大化の原因に!

広告1

パンパンにむくんだ顔の原因は老廃物の流れの滞りにあります。顔がむくむとフェイスラインがパンパンに膨れて、通常よりも顔が大きくなってしまいます。老廃物の流れをスムーズにすることを習慣づけて、顔の肥大化を防ぎましょう!

老廃物を流す準備

血行を良くすることで老廃物が流れやすくなりますので、まずは顔全体を温めましょう。血行を良くすることは、老廃物を流す事だけに限らず、エクササイズやマッサージの効果をアップさせてくれますのでオススメです♪

 

ホットタオル

濡らしたフェイスタオルを絞って500W?600Wの電子レンジで1分間ほど温めると、簡単にホットタオルが作れます。火傷をしないように温度を確かめながら、顔を温めていきましょう。

広告1広告1

入浴

普通に全身浴をするだけでも体全体が温まり、全身の血行を促進することができます。パーツだけでなく全身の血行が良くなることで、老廃物の流れやすさもアップします。

広告1

時間があれば半身浴で体の芯からしっかりと温め、時間が無ければ10分程度の足湯をするだけでも効果的ですよ。

 

老廃物を流す方法 その@

顔を温めて血行を促進し、老廃物を流す準備ができたところで、【マッサージ】に移ります。顔の老廃物を流すのに適しているのはリンパマッサージです。老廃物はリンパの中を通っていますので、リンパの流れをスムーズにすることで老廃物も流れやすくなります。リンパの流れが滞ってしまっている人は特に、1度行ってみただけでも効果の高さを感じる方法です♪

 

顔に起こったトラブル(ニキビ,むくみ,くすみ,)を気にして、やみくもに揉むようなマッサージをしても改善には繋がりません。むくみやニキビのトラブルは、老廃物の停滞が鍵を握っていますので、その鍵を開けて扉を開放してあげることが重要です。

 

リンパマッサージのポイントは、扉を叩いて壊すことではありません。力任せにグリグリとマッサージするのではなく、シンプルに鍵を回して扉を開くイメージで、リンパに沿って老廃物の流れをスムーズにしてあげてくださいね。

 

老廃物を流す方法 そのA

顔の老廃物を流すのに効果的な事には【エクササイズ】もあります。顔の筋肉が固まってしまっていることでリンパの流れも停滞してしまいますので、筋肉の凝りをほぐすことも重要です。タイミング的には、血行の良くなっている入浴時のついで等に行うと効率が上がります♪

 

顔の老廃物は「か・き・く・け・こ」で流す

か・き・く・け・こ」を可能な限り口を大きく開けるだけ、を繰り返し行うエクササイズです。口を大きく開けることで顔全体を動かすことができるので、顔の凝りをほぐし老廃物の流れやすい良い状態になります。

広告1

同時に、顔の筋肉をしっかりと使うことを意識しながら何度も繰り返し行うことで筋肉が鍛えられ、凝り固まり難い顔を作ることができるため、老廃物の流れもスムーズになります。

 

顎周り,顎から繋がる首の筋肉を鍛えることにより二重顎を解消し、表情筋,口輪筋を鍛えることでリフトアップしシワやたるみの解消にも繋がります。簡単なエクササイズですので、しっかりと実践してシャープな小顔を目指しましょう♪

老廃物を流す「アッカンベー」

 

可能な限り下を出す大袈裟な「アッカンベー」を、上下左右に舌の方向を変えていくだけのエクササイズです。特に顔から首にかけての、リンパの流れが集中している筋肉をほぐしますので、老廃物を流すといった目的に効果覿面です。

広告1

リンパの流れが集中している筋肉をほぐす事のできる、舌を使ったエクササイズは、嬉しいことに全身の老廃物もスムーズに流れるようにしてくれます。顔の老廃物だけでなく、体に不要なものは流してしまいたいですよね。

 

舌を使ったエクササイズには、むくみ解消による小顔効果以外にも嬉しい効果がいっぱいなんです。顔や首の筋肉が鍛えられて、リフトアップし、シワやたるみの解消にもなります。インナーマッスルが鍛えられて、全身の循環機能が向上します。老廃物を流し出し易くなるので、肌荒れやニキビを解消し、美肌効果が得られます。血行が促進されることで、くすみやクマの解消にも繋がります。

 

舌を使ったエクササイズをするだけで、こんなにも多くの効果が期待できるんです。ちょっと人前ではやり辛いかもしれませんが、朝晩の1人の時間に行うだけでも効果的なので、毎日続けてみてくださいね♪

 

【まとめ】

 

小顔になること→むくみを取ること→老廃物を流すこと→凝りをほぐすこと→筋肉を鍛えること→血行を促進すること...

 

つまり、ニキビケアに繋がるのです。

 

こうして全てのことが繋がりますので、老廃物を流すことにより、小顔効果だけでなく、ニキビや吹き出物,シワやクマ,などの肌トラブルの解消にもなります。一石二鳥どころが、何鳥なのかも分からないくらいお得ですよね!要らないものはエクササイズやマッサージでどんどん捨ててしまいましょう♪

 

注意

顔にニキビが多い方や、大きなニキビがある方がマッサージをする時には極力ニキビ箇所を避けるようにしてください。

 

無理をしてマッサージをすると炎症を起こしてお肌に負担を掛けて、ニキビがより悪化してしまいます。