脂性肌ニキビ〜治療法

広告1

広告1

広告1

 

 

 

脂性肌ニキビ対策コスメ

ランキング

 

広告1

広告1

 

 

 

広告1
脂性肌ニキビケア部門

 

ルナメア

ルナメアAC

ニキビの効果 人気度 コスパ度
脂性肌ニキビ 脂性肌ニキビ 脂性肌ニキビ

 

 

●最新ナノ技術のファイバーフォーム!植物繊維の超微粒子泡でアクネ菌・角栓・詰まり・汚れを取り除く!

 

 

 

●富士フィルム開発のアクネシューターがニキビの元に細胞レベルで集中ケアして皮膚バリアを回復させる。

 

 

 

●どのニキビケア商品を使用しても完治しなかった方に特にオススメ!

 

 

 

●化粧水・ジェルクリームもセットになっているので保湿対策もバッチリ!

 

 

 

@コスメ クチコミ洗顔フォーム部門  第1位

 

 

 

ベストコスメオンライン化粧水部門  第2位

 

 

広告1

 

 

 

 

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュ

ニキビの効果 人気度 コスパ度
脂性肌ニキビ 脂性肌ニキビ 脂性肌ニキビ

 

 

●洗って終了!洗うだけでニキビ予防!

 

 

 

●洗顔・保湿・トリートメントがこの一本に集約!

 

 

 

●3,714円 30日間返金保証 

 

 

広告1

 

 

 

 

 

 

 

脂性肌は、肌質タイプを脂性肌,乾燥肌,普通肌, 敏感肌として4つに分類した際に、最も分別のつきやすい肌質と言えるでしょう。メイクしたての時はマットな仕上がりでも時間が経つにつれて脂浮きしててお昼にはメイク直しが必要だったり、集合写真の中の自分がテカテカの顔をしていて人に見られたくなかったり...肌質の違いで悩みもそれぞれですよね。

 

また脂性肌は、悲しいことにどの肌質よりもニキビのできやすい肌質です。アクネ菌は毛穴に詰まった皮脂を餌にして増殖するため、皮脂分泌の多い脂性肌は毛穴も詰まりやすく必然的にニキビのできやすい肌となってしまいます。

 

広告1

 

脂性肌を生む原因は何なのでしょうか?

 

 

元々、皮脂腺が多かったり毛穴が開き気味だったりなど、生まれつきで仕方のないところが原因である人もいますが、普通肌や混合肌の人が徐々に脂性肌に近寄っていくのは、食事や睡眠など生活習慣の偏りやストレスなどからホルモンバランスが乱れ、
皮脂分泌が過剰になってしまうことが原因の多くです。

 

 

広告1

 

 

脂性肌の洗顔方法


 

過剰に分泌された不要な皮脂を洗い流し、保湿をしっかりとすることが基本中の基本ですが、ニキビケアのためだからといって過剰な洗顔はNGです!
年増えている肌質の中には“ インナードライと呼ばれる、一見問題のなさそうな肌に見えても実は水分量が足らずに肌の内側は乾燥してしまっている“ 隠れ乾燥肌 ”というのが存在するんです。
また、洗顔後の肌は、バリア機能を担ってくれている皮脂がなくなり非常に無防備な状態です。タオルドライはこするのではなく優しく優しく抑える様に水分を拭き取りましょう☆

 

広告1

 

 

脂性肌のスキンケア


 

洗顔後の肌は余分なもが除かれて有効成分を吸収しやすい状態になっています。洗顔後のタオルドライの後は直ぐに水分補給と保湿をすることで肌状態は大きく変わります!

 

脂性肌だからと言って乳液や保湿クリームの使用を避けるのはNGです!肌に浸透させた水分が蒸発して逃げてしまわないように油膜で蓋をすることが必要なんです。ベタつきが気になるようであれば、さっぱりタイプの乳液を試してみてください。

脂性肌のスキンケア化粧品の選び方

ここでは肌質を4つに分類して記述していますが、どんな肌質でもスキンケア(ニキビケア)の基本となる部分に変わりはありません!“ 洗う・潤す・守る ”のたった3つのことを確実に行いましょう。

 

脂性肌のニキビケア比率

 

 

洗う40%

 

潤す40%

 

守る20%

 

 

このような比率で重点を置いてください。

 

基本的にオイリーなお肌の人は、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている傾向があるため毛穴の汚れをしっかり取れる洗顔料をおすすめします。しかし決して取りすぎは厳禁です!

 

また、よく泡立てた洗顔料で丁寧に汚れを落とした後は、化粧水を少量ずつ手に取り何度も繰り返し補水しましょう。肌に手が吸い付くような感覚になった頃がしっかりと補水のできたサインです。
最後は必ず乳液や保湿クリームでフタをして保湿力を高めてくださいね♪

 

こういった条件を満たしている脂性肌のニキビケア商品はコレ!

 

ルナメア

補足

今現在使用している洗顔料がお肌に合っていて保湿ジェルや化粧水だけを探している方は、“ オイルフリー ”のものをオススメします。油分の補足成分が含まれていないため、肌に過剰な油分を与えません。

 

テクスチャーや使用感は軽目でさっぱりとしているため、ベタつきの気になる脂性肌の人にとっては嬉しいところですよね☆逆に乾燥肌の人や、皮脂量の少なくなってきた年配の方には物足りなさを感じるでしょう。
基礎化粧品だけではなく、ファンデーションやベースクリームなどベースメイク用コスメもラインナップされていたりしますよね☆

 

※脂性肌の人はスキンケアに“ さっぱり感 ”を求める傾向があります。ベタついた不快感から、とにかく脂は要らないといった気持ちになってしまうのは分かりますが、
スキンケア化粧品の使用量を減らしたり乳液や保湿クリームを省くのはやめてください(u_u)皮脂量は減らないのに肌の内部が乾燥したり、肌が脂不足を察知して余計に皮脂分泌を活性化させようとしてしまうのです。

おさらい

脂性肌の人は、ベタつきによる不快感やニキビの原因となる毛穴詰りを防ぎたいという思いから、皮脂を取り除くことに重点をおきがちですが、肌に必要な皮脂まで根こそぎ取ってしまっては逆に皮脂分泌を活性化させてしまいます。

広告1

熱心にあぶら取り紙を使用したり熱めのお湯での洗顔など、皮脂を取り過ぎてしまわないように気を付けましょう!

 

 

 

脂性肌は皮脂分泌量が多いため、ニキビができやすいというのは事実です(/ _ ; )でも、皮脂は肌の表面に油膜をつくり、外部からの不要物質から肌を守ったり肌内部の水分を保湿したりする働きがあるので決っして悪いものではありません。

 

しかしながら、脂の膜なので外部から浸入しようとする不要物質から肌を守るのと同時に汚れも付着しやすいという欠点もあるため、皮脂分泌量が多いと毛穴も詰りやすくなりニキビもできやすくなってしまうという仕組みなんですね。。。

 

だからといって、先にも述べたようにデメリットばかりではありません^_^乾燥肌は肌の水分量が著しく不足しているため乾燥が原因となってシワやシミのできやすい肌ですよね。

広告1

 

それとは真逆だということです♪脂性肌は肌を守るバリア機能が高く、水分を保持する力が優秀なので潤いのある肌を保つことができるのです。

 

つまりシワやシミのできにくい肌だといえるため、過剰な皮脂分泌量を正常に戻すことさえできれば誰もが羨む健康的な美肌になるのもそこのコントロール次第ということ?

 

ニキビのできるメカニズムの中に“ 皮脂の過剰分泌・毛穴の詰り ”というのがあります。

 

脂性肌の人は皮脂分泌量が多いため毛穴が詰りやすく、アクネ菌の増殖と供にそれらによって刺激物質である遊離脂肪酸が作られ、刺激を受けた毛穴は肌を守ろうと更に皮脂を分泌される悪循環の果てがニキビ肌に繋がってしまうのです(/ _ ; )

 

なぜなら、皮脂が増えれば増えるほどアクネ菌が増え、アクネ菌が増えれば増えるほどそれを退治しようと白血球が集ることによって小さな毛穴の中で炎症を起こし、それらがニキビを発症させているからなんです。

 

脂性肌の人は、食事やスキンケアなどを含めた生活習慣の見直しから皮脂分泌量をコントロールし、毛穴に溜まった汚れを詰まる前に取り除くことが適切なニキビケアとなります^_^☆