混合肌ニキビ〜治療法

広告1

広告1

広告1

 

 

 

混合肌ニキビ対策コスメ

ランキング

 

広告1

広告1

 

 

 

広告1
混合肌ニキビケア部門

 

ルナメア

ルナメアAC

ニキビの効果 人気度 コスパ度
混合肌ニキビ 混合肌ニキビ 混合肌ニキビ

 

 

●最新ナノ技術のファイバーフォーム!植物繊維の超微粒子泡でアクネ菌・角栓・詰まり・汚れを取り除く!

 

 

 

●富士フィルム開発のアクネシューターがニキビの元に細胞レベルで集中ケアして皮膚バリアを回復させる。

 

 

 

●どのニキビケア商品を使用しても完治しなかった方に特にオススメ!

 

 

 

●化粧水・ジェルクリームもセットになっているので保湿対策もバッチリ!

 

 

 

@コスメ クチコミ洗顔フォーム部門  第1位

 

 

 

ベストコスメオンライン化粧水部門  第2位

 

 

広告1

 

 

 

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュ

ニキビの効果 人気度 コスパ度
混合肌ニキビ 混合肌ニキビ 混合肌ニキビ

 

 

●洗って終了!洗うだけでニキビ予防!

 

 

 

●洗顔・保湿・トリートメントがこの一本に集約!

 

 

 

●3,714円 30日間返金保証 

 

 

広告1

 

混合肌とは、普通肌がベースでありながら、箇所によっては脂性肌のように皮脂過多な部分があったり乾燥肌のように白く粉を吹くような部分のある、その名の通り肌質が混合している状態の肌です。脂性寄りや乾燥寄りなど、その割り合いは人それぞれですが、この厄介な肌質は日本人に1番多いとされています。ここでは、乾燥や脂性など複数の肌質が混在する“ 混合肌のニキビケア について見ていきましょう。

 

広告1

 

 

肌状態が部位によって異なるのは当然


 

大なり小なり肌状態は均一な訳がありません。皮脂腺の多いところはその分ほかと比べて皮脂分泌量も多くなるのは当然ですし、その逆もまたしかりです。

 

しかし、その度合いが極端なものになってくると混合肌となり、お手入れ方法が普通肌の場合とは変わってきます。

 

例えば、皮脂腺の多いTゾーンと呼ばれる額や鼻、顎の部分などにニキビができたとします。そこで勘違いしやすいのが“ 皮脂分泌量が過剰なせいでニキビかできた。残念ながら私は脂性肌だ。”と決めつけてしまうことです。そうなると、きっと皮脂を取り除くことや皮脂分泌を抑制するようなケア方法をとっていませんか?

 

しかし脂性肌というのは勘違いで本当は混合肌であった場合、皮脂腺の少ないUゾーンと呼ばれるフェイスラインや目元などは皮脂不足により乾燥しがちになってしまいますよね。

 

このように勘違いから生まれた肌に合っていないケアのせいで、皮脂腺の多いTゾーンなどには皮脂過多が原因で、皮脂腺の少ないUゾーンなどには乾燥が原因となりニキビができてしまうかもしれません。
そうなってしまわないよう、先ずは自分の肌質を知りましょう。

広告1

 

 

正確な肌質を知る


 

正確な肌質を知るには、自分の感覚だけではなくコスメショップなどでも肌診断ができます。顔全体のトータル的なものではなく、部位ごとの測定が理想的です。一般的には、皮脂量は額、水分量は頬で測ってくれるところがほとんどです。
当サイト項目ページの【肌質診断をしよう!】でセルフチェックでも十分診断できますので参考にしてください。混合肌の場合は、部位ごとのケアが可能になりますよね☆

広告1

 

 

基本的なプロセスは変わりません。


 

どんな肌質でも水分補給はしっかりとしましょう。その上で、乾燥肌しやすい個所には毛穴に直接届く浸透性が高い化粧水をチョイスしたり、メイクの上からでも使用できる化粧水で細目に水分補給をしたりします。
逆に皮脂量の多い個所へは、オイルフリーの乳液で仕上げをしたり、メイクが脂浮きしてきた際にはティッシュオフするなどの対処を行ってください。
あぶらとり紙はスッキリとして使用感が良いかもしれませんが、不必要に皮脂を取り過ぎてしまうためお勧めできません。

広告1

 

 

混合肌を改善させる


 

肌の状態を知り、正確なケアを行なうことは、ニキビのできにくい肌を育てることになります。混合肌は、生まれつきというよりも生活習慣から起こった肌の変化といえますので改善する可能性を秘めているのです。
食や睡眠、ストレスなどの生活習慣が主な要因になっていることが多いので、そこを見直すことで普通肌から生まれた混合肌という変化はまた正常な普通肌へと戻る余地も十分あるということです。

混合肌のニキビ化粧品の選び方

スキンケア化粧品の選定は混合肌の悩みの種ですよね。複数の肌質が混在している場合、どの肌質に合わせた化粧品を選定することが正解なのか、それとも1つの肌質に絞って選定すること自体が不正解なのか。。。

 

簡単です。

 

それぞれの個所の状態によって使い分けることが最良の手段です。

 

広告1

 

 

では、どの肌質に合わせればいいか

 

テカテカ脂に化粧崩れが気になるから、私は脂性対策!カサカサ粉吹きに化粧ノリが悪いのは嫌だから、私は乾燥対策!...いいえ、好みや理想で決めてしまうのはNGです!

 

脂性肌に対しての洗顔力

 

乾燥肌に対しての保湿力

 

 

 

スキンケアに1番大切なことは保湿です。

 

スキンケアにというか、肌にとって1番大切なものだということですね☆どんなにオイリーな肌であっても、そこに水分補給が必要無いことは絶対にありません。そもそも、皮脂過多になる原因でとして水分不足が認められているくらいなのです。

 

そして補給した水分を保つために保湿という工程が必要なのです。せっかく補給した水分も保湿無しでは、あっという間に蒸発し無かったことになってしまうので要注意です(O_o)

 

正常なターンオーバーが行われるためにも水分は不可欠です。水分の不足している肌では、不要になった角質が円滑に剥がれ落ちることができず厚く硬くなっていってしまいます(/ _ ; )角質が溜まると毛穴が細くなるため、皮脂量が多くなくても毛穴詰まりを起こしやすくなってしまいます。

 

広告1

化粧水や乳液

少量ずつを手に取り、手の平の中の体温で数秒温めてから肌に押し込むように浸透させましょう。このほんの数秒の作業が肌への浸透力を高めてくれるのです☆こうした1つ1つの工程を丁寧に成すことで、肌状態の小さな変化へも早く気付けるようになります☆

 

皮脂量の多いTゾーンへのケアは、手に残った美容液で軽く伸ばす程度にしたり、仕上げの乳液やクリームの量を少し減らすなどして肌状態に合わせた調整を意識しましょう。