ニキビの薬は使うべきか

広告1

繰り返しできてしまうニキビに悩んでおられる人や、ニキビ肌と呼んでしまえるような人の多くが、ニキビに良いとされているスキンケア方法や生活習慣を取り入れているかとは思いますが、それでもなかなか消えてはくれないニキビに悩んでいる人もいらっしゃいますよね。

 

できることならばナチュラルにニキビを治したいところですが、長期に渡って治らないニキビが大きなストレスからついつい薬に頼ってしまう方もいる方もいらっしゃると思います。

 

しかし・・・

 

薬を使うと色々とリスクがある事を知っておかなければいけません。

 

 ニキビの薬ってどんなもの?

 

塗り薬(外用薬)も飲み薬(内用薬)もあります。外からのアプローチによって症状の改善をはかる塗り薬には、抗炎症作用や殺菌作用などの効果のあるもので抗生物質が主流です。

 

広告1   広告1

 

外用薬

ニキビが出来てる患部に直接塗布するもの。一日1回〜数回と決められており皮膚細胞へ直接働きかけるものです。
中・長期に塗布するとただれや赤み、発疹などを引き起こし部分できな善玉菌を死滅させ、自然治癒力を低下させてしまいます。

 

内服薬

細菌による感染症に効果的な抗生物質が処方されることも多くありますが、こちらは副作用が気になるところです。
中・長期で服用すると外用薬同様の副作用を引き起こします。
断わることはできますので、処方箋を出される前に医師に確認してみてください。

 

 

 

このように大まかに二種類に分かれるのですが、リスクを知っていますか?

 

ニキビ系の抗生物質は塗っている最中はその時には人によっては大変有効な改善効果が表れる場合もあります。

 

 

抗生物質は細菌の繁殖を抑えて死滅させる働きがあるのでニキビができる原因でもあるアクネ菌を死滅させる意味でも有効です。

 

しかし抗生物質全般に言える事ですが、体内に抗生物質が継続して侵入すると、人体は抗生物質に対して抗体を作ります。

 

分かりやすく言いましょう。

 

人の体からしたら抗生物質は外部から入ってきた菌なのでその菌に耐えるべく免疫を作ってしますのです。つまりその場は瞬間的に改善しますが、体が慣れてしまえば効かないと言う訳です。

 

 

それだけならまだしも

 

抗生物質は特定の細菌を死滅させるのではなく体内の様々な細菌を殺してしまうのです。

 

本来人間がもっている、自然治癒力を低下させてしまうので様々な細菌や炎症などに極端に弱くなってしまうのです。

 

分かりやすく言いましょう。

 

ニキビで言えば、抗生物質を中・長期摂取したことにより体が慣れてしまい効かなくなり、尚且つ自然治癒力が低下してしまうことにより以前よりもっとニキビの症状が酷くなり治らなくなってしますのです。

 

広告1

 

 

 

因みに私は、ニキビの症状に悩まされていた時についつい誘惑に負けて、皮膚科で内服薬と外用薬(どちらも抗生物資系)処方してもらいました。私の体質に合うのか驚くほどニキビが改善されて喜んでいました・・・

 

そこからは最悪でした。

 

改善してから一ヶ月後ぐらいで徐々にニキビが再発してきたのでまた直ぐに皮膚科で抗生物質を処方してもらいました。私は前回の効果を体験しているので安心しきっていました。しかし一向にニキビはよくなりません。

 

というよりは以前より症状が酷くなり最悪の状態でした。

 

不安になりセカンドオピニオンということも含め、他の皮膚科で診療してもらったら、「前回の時に抗生物質を服用し過ぎ、塗り薬を多用し過ぎによって薬が効かなくなってしまったということの可能性が高い」と診断されました。

 

私はその時に初めて、抗生物質にリスクがある事を知りました・・

 

さらに「自然治癒力が正常になるまでまだニキビの症状は酷くなるよ」とまで診断されてしまいました。

 

 

結局、その皮膚科から処方されたのは、肌のターンオーバーを促進させる意味も含めて、ビタミン系が入っている保湿系クリームを処方されました。

 

私が完治したのはそれから半年後ぐらいでした。

 

 

 

いかがですか?

 

 

ニキビの薬というのはさまざまなリスクがあります。

 

それぞれの肌質にあった洗顔料や保湿化粧品を使ってニキビケアした方が結果的にはニキビを治す近道です。

 

正しいニキビケア方法はトップページで紹介しています。