黒ニキビ 治し方

黒ニキビには迅速な対応を!

 

広告1

 

ニキビの進行レベル別にお話しをしていくとすると“ 黒ニキビ ”と称されるものは、初期症状である白ニキビの症状が進行して起こった状態で、医学的には白ニキビとは真逆の解放面皰と呼ばれます。

 

黒ニキビもまだ初期症状であると言えるため、ケアの方法次第で早期の治療薬も可能ですが、放っておいては悪化の道を辿ることになってしまいます(O_o)
また、白ニキビよりも悪化している点としては、黒ずみがそのまま色素沈着を起こしシミとして残ってしまう可能性も高いので迅速な対応が必要になります!

 

 

 

黒ニキビの症状

広告1

 

毛穴の皮脂汚れが黒く盛り上がったような状態が“ 黒ニキビ ”と呼ばれるものですが、この黒くなる原因は主に“ 酸化 ”にあります。みなさん、酸化とはご存知でしょうか?分かりやすく言うと“ 錆び ”と同じことなんです。皮脂が詰まって皮膚表面に白く浮き出たような状態の白ニキビから、覆われる皮膜を失って空気に触れることにより酸化して黒ずんだ状態が黒ニキビです。
“ 解放面皰 ”と呼ばれるように覆われる皮膜がないため、閉鎖面皰と呼ばれる白ニキビと違って外部からの空気に触れることに伴い雑菌の侵入を許し炎症を起こす可能性の極めて高い状態です。
炎症を起してしまうと、更に症状の悪化した“ 赤ニキビ, 黄ニキビ ”と呼ばれる状態になりかねません。初期症状といえども、白ニキビ以上の注意を払ったケアが必要です。
肌にとって酸化というものは非常に恐く、黒ずみの原因である酸化がはシミを残す根源となります。ターンオーバー機能の正常に働いている若いうちの肌は酸化を撃退する能力も高いですが、30代を過ぎるとその機能の低下は否めません(/ _ ; )抗酸化作用を高めるビタミンCなどを積極的に採り、酸化に立ち向かえる肌の基盤作りを心掛けておきましょう!

 

黒ニキビの治し方

 

白ニキビの段階で適切なケアが必要なことに気付くことができれば、黒ニキビとなる酸化を防ぐことができます。そのためには先ず、気付きにくい白ニキビを早期に発見することと、そこに余分な刺激を与えないことが必要不可欠となります。
黒ニキビへのスキンケア方法も、白ニキビの場合と同様に基本的なところは先ず“ 洗顔と保湿 ”です。
低刺激の洗顔料を使用し、肌と手の間に起こる摩擦を避けるように洗顔料を良く泡立てて、泡でなでるように毛穴に溜まった皮脂や付着した汚れを洗い落としましょう。
ビタミンCは抗酸化作用をはじめとするニキビ治療に有効的な成分ですので、美容液などのスキンケア化粧品からは勿論のこと食事からも積極的に摂ることをお勧めします。
日々の丁寧なスキンケアと食や睡眠などの生活習慣をトータルして、肌のターンオーバー機能を左右します。ターンオーバーの機能力が高いほどニキビもできにくく、できてしまっても治りが早く跡も残りにくくなります。
ターンオーバー機能の向上を図りましょう!!