赤ニキビ 治し方

ニキビの初期症状が炎症すると赤ニキビに!

 

広告1

 

ニキビの進行レベル別にお話しをすると“ 赤ニキビ ”と呼ばれる状態は白や黒のニキビから症状が悪化し、見た目にも赤く腫れた様が確認できることから赤ニキビと称され、医学用語としては“ 丘疹 ”と言います。
赤ニキビは、ニキビの初期症状の段階でまだ毛穴に汚れが詰まることで起こっていただけのニキビから悪化し、炎症を起こし患部と患部周辺から赤く腫れ上がった状態を指します。
赤く腫れ、見た目にも目立ち、炎症を起しているので痛みも伴います。特に外見の気になる女性にとってはメイクでも隠しきれないような最悪な状態ですので早急に治したいところです(/ _ ; )

 

赤ニキビの症状

 

広告1

 

赤ニキビは、皮脂を餌とするアクネ菌やその他の雑菌の過剰な繁殖により炎症を起こしてしまった状態です。
肌細胞は、雑菌など外部からの有害物質を阻止しようと、損傷を負った箇所を改善しようと常に戦っていますので、炎症は肌細胞が正常に働いている証拠ともいえます。
しかし、赤ニキビは患部が剥き出しになった状態なため常に外気に触れてしまっていることから、清潔な肌を保つことは困難で、細菌の繁殖をスキンケアのみで防ぐことができません。
それでは赤ニキビの治療はどうしたら良いのでしょう?自然治癒力で完治することは難しいので、肌へ直接働きかける治療が必要となります。
赤ニキビの患部で起こっている炎症は、皮膚組織で起こっているということなので、簡単に言うと皮膚組織が破壊されたり、されかかっていたりしていることになります。
これまでにニキビを潰した経験のある人もいらっしゃるかもしれませんが、こんな話を聞けば、ニキビを潰そうなんて思う人はいないはずですよね(O_o)ニキビを潰すことは破壊された皮膚細胞に更に追い撃ちをかける事なので、改善に向かうどころか皮膚細胞の修復が正常に行われなくなってしまいます。
こうして修復機能が滞ることで後を辿る結末が、いわゆる“ ニキビ跡 ”なんです。完治まで辿り着けないまま修復機能の限界がきてしまい傷痕を残すはめになってしまうので赤ニキビを潰しては絶対にいけません!!
しかし、触るな,手を施すなという訳ではありません。できてしまった赤ニキビのケアは自然治癒に任せることが出来ないため、何もケアをせずに放っておくと“ 黄ニキビ ”への結果の糸を辿ってしまいます(/ _ ; )
黄ニキビとは、赤ニキビが更に悪化した症状を指し、また更に治療の時間を要するうえに、ニキビの出来やすくなってしまうような根本的に肌質を変えてしまう恐れも高いので、赤ニキビの放置は厳禁です!!
ニキビが炎症を起こしてしまう赤ニキビまではケアの仕方次第で誰にでも起こり得ることです。そのニキビがたまたま出来てしまった一過性のものであるうちに、適切なケアをして後悔することのないようにしたいものですね(・ω<)

 

赤ニキビの治し方

 

赤ニキビの治療に真っ先に必要なことは、炎症を抑えることです。
洗顔料は抗酸化成分の配合されているものを使用し、抗酸化作用の高いビタミンCを多く含む食物の摂取やビタミンC誘導体の配合されているスキンケア化粧品を使用するなど、身体の内側と外側からのアプローチが理想です☆
抗酸化作用というところでニキビ用の外用薬を使用する人もいらっしゃると思いますが、『 コレを塗れば治ります。』と言えるものはありません。その時の肌質やその時点でのコンディションなどでも効力の有無が左右され、効果が無かったというだけで終わってしまえばまだましなのですが、最悪の場合はニキビの炎症を悪化させてしまう可能性もあります。お医者さんの言う『 これで1度様子を見ましょう 』と言うのもこのことなんですよね。。。
そこでお勧めする赤ニキビの治療方法は“ 的確なスキンケア化粧品の選定と丁寧なスキンケア ”です☆
健康な肌には必要のない“ 抗酸化作用 ”がニキビ肌には必要となります。健康な肌には有効的な“ 角質除去成分 ”がニキビ肌には不要な成分となり得ることがあります。普段は綺麗に毛穴の掃除を担ってくれている“ 洗顔ブラシ ”がニキビ肌にとっては余計な刺激にすらなってしまいます。
“ 的確なスキンケア化粧品の選定と丁寧なスキンケア ”とは、そういったことの全てを含めてお伝えしたいことなのです(^_?)-☆