黄ニキビ 治し方

黄ニキビは末期症状!

 

広告1

 

 

ニキビの進行レベル別にお話しをすると“ 黄ニキビ ”と呼ばれる状態は赤ニキビから更に症状が悪化し、毛穴に膿が溜まり黄色く膨れ上がった状態から黄ニキビと称され、医学用語としては“ 丘疹 ”と言います。
黄ニキビは、ニキビに起こる症状の段階の中で最も重度なものと言え、治療が可能であっても、その患部が凸凹した“ クレーター痕 ”がしばらく残ってしまいます(/ _ ; )それに、患部周りにシミのようなものが残ることもあり、シミとして肌に残してしまうか完治させて跡の残らないようにできるのかは、ケアの仕方次第にかかってきます(O_o)
とはいえ、精神的に負担のかかるような考えすぎは禁物です。ニキビ跡への不安感やニキビを気にするあまりストレスを溜め込んでしまうと、ニキビは悪化しかねません。ニキビケアを始めたからといって1日2日で治るものではないので、焦らずにいきましょう^_^♪

 

黄ニキビの症状

 

広告1

 

黄ニキビの黄色の正体は、ずばり膿です。赤ニキビからの炎症が治まることなく続くと、今度はアクネ菌を撃退しようと赤血球が攻撃をしかけます。膿の中には、雑菌や不要となった細胞組織など様々な成分を含むのですが、分かりやすく言うと戦いを終えたアクネ菌と白血球の残骸が“ ”なのです(O_o)
黄ニキビやその周りでは、皮膚組織の破壊が繰り返し行われており、黄ニキビの中でも早期に悪化の進行をくい止めることができなければ、それは真皮にまで及びニキビ跡を残してしまいます(/ _ ; )

 

黄ニキビまで悪化した患部は、毛穴を通して皮膚表面に盛り上がっているため、目立ちやすく気になり、どうしても意図的に潰してしまったり無意識にでも触ってしまったりしがちなようです。
しかし、外部からの余分な刺激を与えることで潰れてしまったニキビの患部やその周りは、皮膚組織の損傷が大きく、皮膚組織が修復されるまでに長期に渡る治療が必要になってしまったり、最悪の場合は完治しきらずに跡が残ってしまうこともあります。
目に映っている膿を排除したくも、突起している部分を平らにしたい気持ちも分かりますが、黄ニキビは絶対に絶対に故意に潰してはいけません!!

 

黄ニキビの治療対策

 

黄ニキビの中でも初期症状から末期症状まで進行の段階はありますが、そもそも黄ニキビまで悪化してしまうこと自体が肌にとってはかなりの危険信号です。
そんな不安定な状態の肌は、もちろんとてもデリケートになっていて、普段なら簡単にスルーされるような刺激でもそれが引きがねとなって不本意ながらもニキビが潰れてしまうことは少なくありません。
対策として、自らの治癒力で沈静化することを信じて見守ることや、美容皮膚科での治療法を試みること等もありますが、肌質を含めた根本からの改善を策とするのであれば“ 日々のスキンケア ”がその解決策の鍵を握ります。

 

こんな経験もあるかと思います。

 

→ 洗顔の際に不用意に膿が潰れてしまった。
→ 鎮静化を待ったことで膿が干からびてコロッと取れた。

 

ニキビケアにおける醍醐味は、治りかけから治ったっぽいその後のケアにあるんです!!

 

黄ニキビケアの必須科目です。

 

→ 洗う,潤す,護る( 洗顔,補水,保湿 )の3原則。
→ ビタミンC補給。

 

これらはニキビケアにおいての必須科目です!鏡を見たくないような症状が無くなった時こそ、鏡を見たくなるような肌質を育てるチャンスだと思って、日々のスキンケアを見直しましょう!