鼻のニキビ【原因を学んで治療に生かす】

顔の中にできるニキビの中でも、最も目立ってしまい最もできてほしくない鼻ニキビ。その鼻ニキビができる原因を順を追って見ていきましょう。

 

すでに常識的に認知されていることですが、顔の中で鼻はとても皮脂分泌量の多いパーツです。そのうえ、鼻の毛穴は根が深いため、根の浅い毛穴に比べて皮脂が溜まりやすくもあります。

 

つまり、ただでさえニキビ予備軍のできやすい鼻に対して、不必要な刺激を与えることはマイナス要素を増やすことに他なりません。例えば、不用意に手で触れれば、手に付いていた雑菌が付着し繁殖します。紫外線対策を怠ると、顔の中でも高いところに位置する鼻は真っ先に紫外線の刺激を浴びることになりますし、油分の多く含まれたファンデーションなどを使用することで不要な油分を更に与えることになります。

 

広告1

 

そうしたことで、余分な刺激や要らないものを与えたことが引き鉄となって、肌の修復機能に異常をきたし、本来なら自然と剥がれ落ちる古い角質がそうではなく溜まってしまい、予備軍だった程度のニキビも本格的にニキビへと悪化してしまうわけです。

 

もともと皮脂分泌量が多く、毛穴の詰まりを促進するような条件の揃っている鼻というパーツはニキビも出来やすくて当然です。

 

ニキビは正式名称の他に、白ニキビ赤ニキビ、黄色や黒などといった色で症状が判別されることもあります。症状と色によるネーミングの関係性としては、先ず、毛穴に皮脂や汚れの詰まった白や黒の点のような白と黒のニキビ。そこから更に悪化してしまうと、炎症を起こした赤ニキビ。更には、化膿した黄ニキビになってしまいます。

 

ニキビはアクネ菌の繁殖が増大し過ぎることで発症します。そのアクネ菌は皮脂を餌に繁殖を続けます。初期症状の白や黒のニキビを放っておくとアクネ菌が増殖し、そこから炎症が起こってしまうと、いかにもニキビですといったようなプックリと腫れた赤ニキビへと悪化するのです。炎症を起こした状態が続き膿を持った状態が黄ニキビです。

 

皮脂量過多の原因

 

鼻は特に皮脂腺が多く存在し皮脂分泌の活発なパーツではありますが、皮脂量過多の状態が起こるには原因があるはずです。

 

成長期における皮脂量の増加は、成長ホルモンや新陳代謝による影響が殆んどですが、成長期を終えた年齢で皮脂量が増加した場合は、ホルモンバランスの乱れによる可能性が高いです。特に鼻は皮脂腺が多いため、他のパーツに比べて影響の出やすい部分でもあります。

 

このことから、鼻はニキビのできやすいパーツではありますが、その原因を特定しやすくもあるということですね☆ニキビの原因となる過剰になってしまった皮脂分泌を正常な量へと戻すことが得策です。大人の場合は、まずホルモンバランスを整えることから始めましょう。

 

ホルモンバランスの乱れは、不摂生な生活習慣が大きく影響するため、食事や睡眠, お酒や煙草など嗜好品の摂取量, ストレスの解消法などを見直すことで嬉しい効果が出やすくなります^_?☆

 

鼻のニキビの効果的な治し方

 

自宅で治す!鼻ニキビケア

 

鼻にニキビができるのは、鼻に皮脂腺が多いことから“ 皮脂の過剰分泌 ”が主な原因であるとされています。であれば、皮脂分泌を抑えることが鼻ニキビの治療法の1つにあげられます。

 

成長期における皮脂量の増加は、成長ホルモンや新陳代謝の影響が大きなものですが、一方、成人の場合はホルモンバランスの乱れが主たる原因となっている可能性が高いです。

 

ホルモンバランスを乱す原因として、ストレスや生活習慣の乱れは大きな影響を与えますので、ニキビに対する物理的な治療法よりも先に、生活習慣の見直しを計ることから始めてみましょう☆

 

身体内部からの改善を計ることもしかり、外側からのケアも大切です。
毎日のスキンケアは、正しい方法で丁寧に行うことが鉄則です。優しくしっかりと洗いあげた肌に、補水, 保湿をし、余分な角質が蓄積されないようにしましょう☆
鼻は特に毛穴の目立つところでもあり、俗に言う“ いちご鼻 ”の角栓や黒ずみを気にする方も多いでしょうが、無理に角栓を抜いたり黒ずみを指先で押し出したりしてはいけません!また、故意にニキビを潰すような行為はもちろんのこと、普段生活している手には雑菌が多く付着しているので、不用意にニキビに触れたりしないように注意しましょう!

 

正しい洗顔方法

 

ニキビ治療や健康な肌質へと近づくことを目的とするならば、正しく洗顔を行うことは必須です!

 

顔用の洗顔料を使用し、よく泡立てましょう。弾力性のあるモコモコの泡を転がすことで汚れを吸着させるようなイメージで洗います。

 

皮脂や汚れをしっかり落とそうとムキになり、ゴシゴシと手で泡を擦り付けるような洗い方は、汚れ落ちを高めることもなくただ肌を痛めつけるだけなんです(/ _ ; )

 

泡で優しく洗いあげた後は、洗顔料を残さないようにしっかりとすすぎます。この時に、熱めのお湯を使うことで肌に必要な油分まで一緒に流されてしまうので、少し冷たいと感じる程度のぬるま湯で保湿性を保ちながら洗うようにしましょう。
しっかりとすすぎ終えた洗顔後は、必ず補水と保湿です☆たっぷりの化粧水で肌に水分を与え、乳液やクリームで保湿しましょう♪

 

正しい洗顔方法

 

メイクをする際には、油分の多いファンデーションは避け、毛穴を塞いで詰まらせてしまうような厚い塗り方は止めましょう。フェイスパウダーや油分の少ないファンデーションを薄く塗るか、ポイントメイクのみにしておきましょう^_^
また、食べる物が皮脂分泌量を増加させる場合もあります。揚げ物や脂身などの油分の多い食事や、チョコレートやお菓子など糖分の多いものは、ニキビケア中は控えた方が良いでしょう。魚や野菜, 豆類を中心に栄養バランスの取れた食事をお勧めします。健康, 美容にも良いですしね♪まぁ、当たり前のことですけどねσ^_^;