乾燥肌ニキビ〜治療法

乾燥肌のニキビ対策は、保湿が8割で洗顔が2割です。

 

乾燥肌のニキビ対策の詳細はランキング紹介後に説明しています。

 

 

広告1

広告1

広告1

 

 

 

乾燥肌ニキビ対策コスメ

ランキング

 

広告1

広告1

 

 

 

広告1
乾燥肌ニキビケア部門

 

アヤナス ayanasu

【通常使用】アヤナストライアルセット

ニキビの効果 人気度 コスパ度
乾燥肌,ニキビ 乾燥肌,ニキビ 乾燥肌,ニキビ

 

臨床皮膚医学に基づて作られたので、乾燥ニキビ治療に優れている。

 

葛根湯でおなじみ常盤薬品のニキビトライアルセット

 

乾燥ニキビの効果が高いセラミド3・ヒアルロン酸・リピジュア成分配合

 

★スキンケア大学認定品

 

乾燥肌対策化粧品 第1位

 

敏感肌対策ガイド 第1位

 

★多数の女性雑誌にも掲載

 

広告1

 

 

 

メルライン

商品入荷待ちの可能性アリ

メルライン
メルライン

ニキビの効果 人気度 コスパ度
乾燥肌,ニキビ 乾燥肌,ニキビ 乾燥肌,ニキビ

 

★あご〜首全体 フェイスラインのニキビ専ジェル

 

★スキンケア大学に掲載されました!

 

★今なら30%OFFの4,480円

 

★送料無料

 

広告1

広告1

 

 

乾燥肌のニキビケア方法


 

乾燥肌のニキビケア方法は、乾燥肌を改善することに全力を注いでください。

 

 

洗顔は肌を清潔に保つために確かに重要なものです。しかし、決して毛穴の皮脂や汚れを取り過ぎてはいけません!

 

常に洗顔を心掛けていればニキビが治ると言う訳ではありません。

 

皮脂や汚れを取り過ぎると、肌細胞は皮脂を必要以上に分泌してしまい毛穴を皮脂で埋めてしまいます。乾燥肌のニキビ発症原因は9割方この原因です!はこういう傾向は20代中盤以降の女性に特に多い症状です。

 

つまり、乾燥肌を改善する事に成功すれば自然と乾燥肌ニキビは改善されるということです。

 

乾燥肌に過度な洗顔を行えば、ただでさえ不足している皮脂なのにどんどんと洗い流されてしまえば余計に乾燥が進んでしまうだけです。

 

なので、洗顔料を使用するのは夜の1回だけにして、朝や日中の洗顔は水のみで優しく汚れだけを洗い流しましょう。

 

肌のバリア機能の修復作業は眠っている間に行われています。成長ホルモンの分泌によって、朝起きた時には汚染された空気などによる汚れも付着しておらず必要な皮脂で覆われているので、水ですすぐ程度でOKな訳なんですね。

 

乾燥肌のニキビケア化粧品の選び方

 

乾燥肌が起こすニキビの原因は、角質層の肥厚化による毛穴の皮脂詰まりにあります。
乾燥肌を放っておくと肌本来の持つ修復機能もどんどんと低下していってしまうため、それを元に戻そうとする作業は結果としてニキビケアへと繋がることになります。

 

では、肌の修復機能を改善させるための基礎化粧の選定方法を見ていきましょう!

 

セラミド成分配合の化粧品を選ぶ

 

セラミド成分は肌にとって欠かすことのできない保湿成分であり、良く耳にする健康な肌の生成に必要な“ コラーゲン ”の働きを促進する役割も担っています。
乾燥肌で悩む人の多くは、このセラミドが不足しているため、水分補給と同時にセラミドを補うことで健康な肌への近道へとなります。

 

化粧品に配合されているセラミドは大きく2種類のものに分けられます。馬から抽出された天然由来の“ 天然セラミド ”と、人体に備わるセラミドを忠実に再現した“ 活性型セラミド ”です。
言わずともお分かりの通り、天然由来のものの方が高価なものになりますが、効果も高いです。☆もちろん活性型セラミドでも効果は十分にあります。

 

市場に多く出ている化粧品の多くは、活性型セラミド配合のものです。化粧品を選定する際に、まずはどちらであれ“ セラミド ”という成分に着目したら良いと思います。
またその他にも、セラミドと類似する効果のある成分を独自開発したものを配合しているメーカーもありますが、何れにせよ自身の肌へ馴染みの良いものを選ぶことが大切です。

広告1

 

 

乾燥肌はこうして守る!


 

必ずしっかりと水分補給をしましょう!どうせ化粧水をつけるという工程が必要なのならば“ セラミド配合 ”の化粧水をチョイスすることで保湿力が一段と高まるのでオススメです☆

 

肌への浸透を意識するあまりパンパンと叩き込みを繰り返すという声もよく耳にしますが、実は、少しずつ手にとった化粧水を一度手の平の温度で温めてから顔全体を覆うように押し込む工程を繰り返し行う方が、浸透力がグンとアップします☆
手の平が肌に吸い付くような感覚がでてきたらOKですので、せっかく押し込んだ水分が逃げてしまわないように最後は乳液や保湿クリームで蓋をしましょう!

 

やり過ぎない洗顔と満ち足りた水分補給が乾燥肌ケアの基本です。まずは基本をしっかり守ってニキビレスな肌を目指しましょう^_^♪

 

 

まめ知識

基礎化粧品などがなかった時代には、朝起きて直ぐの顔の皮脂を手の平で伸ばしてから水ですすいでいたそうですよ(u_u)人体機能が働いた天然成分なのですから理に適った方法ですよね☆

乾燥肌とは、皮脂量も水分量も不足しており潤いの足りていない肌質です。数値で表すと、角質層内の水分量が“ 35%以下 ”になります。

広告1

 

 

乾燥肌の原因を理解しよう!!


 

ただ単に水分も皮脂も足りないという訳ではありません。まず、皮脂量が足りないことによって皮脂膜の形成がスムーズに行われなくなります。
本来の肌に備わっている天然保湿成分細胞間脂質が少なくなると水分量を保つ機能も壊れてきてしまいます。水分保持には皮脂も必要だということですね。

 

水分も皮脂も足りないのが乾燥肌だとなると、ニキビができるメカニズムである“ 皮脂による毛穴詰まり ”という原因が崩れそうなところですが、そうではないんです。
本来在るべきバリア機能が低下することで、角質層内の水分保持ができなくなります。そうすると角質層は乾燥して硬化し、それが続けば続くほど肥厚化が進んでしまいます。
肌のくすみやごわつきは、ここに原因があったんですね。

 

また、ターンオーバーと呼ばれる肌細胞の生まれ変わる機能も壊れてしまいますので、本来剥がれ落ちるはずだった不要な角質が蓄積され、毛穴は細くなり、皮脂分泌量が少なかろうが毛穴が詰まりやすくなってしまう結末を迎えるのです。
このように、肌質別にニキビの発症するメカニズムが変わる訳ではありません。しかし、ニキビケアの方法と肌質は重要な関係性があるんです!!

 

補足

乾燥といえば冬季を連想させるところですが、近年では年中乾燥に悩む人の増加傾向にあります。市場でも基礎化粧品に限らず乾燥肌専用コスメも沢山ありますよね。1つのアイテムでも“ さっぱりタイプ ”と“ しっとりタイプ ”での
商品展開がされている場合も多いです。

 

また、乾燥肌専用といった化粧品は保湿成分であるセラミドやグリセリンなどの成分に重点を置いているので、水分補給だけではなく、補給した水分を保持する事にも優れています。

 

肌の水分保持の構造

皮脂膜,NMFと称される天然保湿因子,細胞間脂質によって肌の水分保持が成されています。NMFとは、角質層の更に下にある顆粒層の細胞の中に存在するタンパク質が水分を取り込むことで保湿因子となったものです。
肌の柔軟性や弾力性を保つための、まさに人体機能から成る天然成分なんですね☆
細胞間脂質とは、肌の水分保持機能として最も大きな役割を果たしている成分で、これらが角質細胞の隙間を埋めていることで水分の蒸発や外部からの有害物質などの侵入を阻止しています。
保湿成分として良く耳にする“ セラミド ”がこの細胞間脂質という成分の中に約40%含まれているんです。

乾燥肌のニキビ対策のまとめ

 

乾燥肌の人に起こる疑問視のひとつに“ ニキビの根元は過剰な皮脂分泌であること ”と供に“ 乾燥肌な上に洗顔もしっかりと行っている ”といった声が上げられます。ニキビの根元となる皮脂分泌の少ない乾燥肌の人は確かにニキビができにくいかもしれません。しかし、できない訳ではないのです。。。
乾燥肌の人は、乾燥すればする程、肌のバリア機能が破壊され、乾燥の原因となるエアコンなどの日常的な刺激にすら過敏に反応し、肌の炎症を起こしやすくなります。炎症を起こすことにより角質層が厚く蓄積されて行き、延いては毛穴を塞いでしまうことになり、皮脂の排出が正常に行われなくなることでニキビが発症します。
こういった話では、皮脂自体が悪影響なものだとなってしまいそうですが、決してそうではありません。皮脂は肌表面に油膜を作り、乾燥や外部からの有害物質の侵入を防ぎ、潤いのある肌を守ってくれているのです。
乾燥肌の話に戻りましょう。乾燥肌にニキビができにくいのは生活環境によってはある話です。しかし、シワやタルミが起こりやすいといった肌トラブルが比較的起こりやすいというのも無視できません。
とにかく、1にも2にも保湿を心がけてください。