頬のニキビ  【原因を学んで治療に生かす】

多くの原因が考えられるため、その原因を特定し難いのが頬にできるニキビです。
乾燥や摩擦, 洗剤や化粧品, 食事や睡眠にストレスやホルモンバランスの乱れなど、実に様々な原因があげられます。
さて、あなたの頬のニキビの原因はどこに該当するのでしょうか?それぞれの原因について見ていきましょう。

 

広告1

 

寝具

顔を寝具に触れずに眠ることは無いに等しいですよね。ましてや、うつ伏せや横向きで眠る癖のある方は、その分、寝具と頬の接触時間が長く取られます。
寝具の素材が肌質と合っていないものや、洗濯をする際の洗剤が肌への悪影響を及ぼし頬のニキビを誘発する可能性もあるので、素材や成分の見直しが必要な場合もあります。

 

ホルモンバランス

女性の場合は、生理周期によりどうしてもホルモンバランスの崩れる時期が周期的に訪れてしまいますが、その度合いを軽減させられるように工夫してみましょう。特に整理不順のある方は、それ自体にホルモンバランスの崩れが大きく影響しているので、改善を計ることで頬のニキビにも改善が見られるかもしれません。

 

アルコール

肝機能の低下は頬のニキビを誘発させる大きな原因となります。特に肝機能を活発に稼働させるアルコールの摂取には注意が必要です。頻繁なアルコールの摂取は、肝機能を酷使させ肝機能の低下に繋がりますので、お酒の好きな方は飲み方に気を付けましょう。

 

食事

頬のニキビは多岐に渡る原因の中から、胃液の減少や機能低下によるものの場合があります。食事や間食で糖分や脂肪分を摂り過ぎると、胃腸や肝臓にかかる負担が大きいので注意したいところです。
スナック菓子やケーキやチョコレートなどの、糖分も脂肪分も豊富に含まれているものや、肉類や揚げ物などの油物は特にニキビを作りやすくしてしまう元です。

 

ストレス

ホルモンバランスの崩れにも繋がることですが、ストレスを溜め過ぎると女性ホルモンの分泌に支障がでてきてしまいます(/ _ ; )女性ホルモンが正常に分泌されなくなることで、肌に潤いがなくなり乾燥しやすくなるため頬のニキビもできやすい肌状態になってしまいます。自分なりにストレスの発散方法を探ってみましょう。

 

皮脂過多ではない頬ニキビの原因

 

頬は比較的、皮脂分泌量の少ないパーツですが、実は皮脂量の少なさが原因となってニキビができやすくなる場合もあるんです。
ニキビのできる原因として毛穴の詰りがあげられますが、毛穴を詰まらせてしまう原因は皮脂量の多さだけでなく、逆に皮脂量が少な過ぎることは乾燥を引き起こすため肌のバリア機能が低下し、ごく少量の皮脂でも毛穴が詰りやすくなってしまうのです。
こうした、皮脂量が異常に減少してしまう原因としては女性ホルモンの分泌と密接な関係があり、女性ホルモンの分泌が低下することで肌は潤いを保てなくなってしまいます。
それでは、女性ホルモンの分泌低下の原因はどこにあるのでしょう?そこには、ストレスが大きく関与しているとされています。ストレス社会といわれるこの現代においてストレスをゼロにすることは安易ではありませんが、少しでもストレスレベルを軽減させられるようにしたいものです。

 

頬のニキビの効果的な治し方

 

できてしまった頬のニキビへのスキンケア対策は、パックやスペシャルな手を施すことよりも先ずは正しい洗顔と正しく整えることです。
女性であれば多くの方が先ずはメイクオフですよね。お化粧をするということは、その時間内はずっと毛穴を塞いでいることになるので出来る限り1日のメイクは早く落としてしまいたいところです。
クレンジング剤にお勧めなのはオイルタイプのもので、圧をかけずに優しく指でクルクルと馴染ませて、時間をかけずにサッと落としましょう。
洗顔時に最善の注意を払うことはもちろんですが、洗顔には毛穴に溜まった皮脂汚れや外気から付着してきまう汚れなどを落とすことを目的とし、日に朝晩の2回の洗顔を基本とします。
汚れ落としという面を気にし過ぎて日に何度も洗顔することは、肌に余分な刺激を与えてしまい逆効果になり兼ねません。何度もゴシゴシと洗うことよりも、朝晩の2回の洗顔を優しく丁寧に行うことが頬ニキビケアには得策です☆
ニキビのできる原因には毛穴の汚れ詰まりが真っ先にあげられますが、その根源を作っているのは肌角層の保湿機能の低下にあります。いかに保湿が大切なことなのかが見て取れますよね。洗顔後の肌は特に乾燥の進みやすい無防備な状態なので、化粧水をたっぷりと浸透させ水分が飛んでしまわないように乳液やクリームで保湿しましょう。

 

生活習慣から見直す頬ニキビケア対策

 

ニキビケアで見直したい生活習慣は、まずは食生活です。朝昼晩3食の食事はもちろん、おやつや嗜好品にも気を付け、糖分や油分の多い食事を避けると同時に魚や野菜などからバランスの良い栄養を摂取することが大切です。

 

食事. 睡眠, 排便, リラクゼーション... ...人間が生きる中で軽視することのできないことがニキビをつくる根源にも大きく影響していると言うことなんです。 今一度、私生活の在り方を見直して、美肌のための生活習慣をプランニングしていきましょう。