敏感肌ニキビ〜治療法

敏感肌のニキビ対策は、肌のバリア機能を修復して、絶対的に肌に優しい洗顔料を使用して尚且つ毛穴の汚れを取らなければなりません。

 

また保湿にも重点を置いているニキビケア商品を選定してください!

 

 

広告1

広告1

広告1

 

 

 

敏感肌ニキビ対策コスメ

ランキング

 

広告1

広告1

 

 

 

広告1
敏感肌ニキビケア部門

 

ビーグレン

1620円 トライアルセット

広告1

ニキビの効果 人気度 コスパ度
敏感肌ニキビ 敏感肌ニキビ 敏感肌ニキビ

 

 

★超微粒子粘土の天然クレイ「モンモリナイト」で肌に刺激を与えずに、汚れ、角栓、アクネ菌を除去

 

 

 

★肌バリア機能修復に有効なグリチルリチン酸ジカリウム含有の化粧水で肌バリアを修復して保湿を促す

 

 

 

★独自テクノロジー QuSome[キューソーム]他製品の約三倍の保湿浸透力で敏感肌のトラブルを防ぐ

 

 

 

★カリフォルニア大学 ブライアン・ケラー薬学博士が開発した敏感肌ニキビ専用の薬用化粧水

 

 

 

365日使いきっても全額返金保証

 

 

 

98.7%のリピーター率

 

 

 

広告1

 

ヒフミド



ニキビの効果 人気度 コスパ度
敏感肌ニキビ 敏感肌ニキビ 敏感肌ニキビ

 

小林製薬の保湿系化粧品

 

今だけのレース柄スパバックが付いている!

 

朝から晩まで潤いをキープ!

 

 

 

 

 

本当のところ、肌質の分類をする際に“ 敏感肌 ”というのは医学的に存在しない言葉なんです。物理的な刺激から温度変化に至るまであらゆる刺激に反応してしまう敏感肌は、特別な皮膚疾患を発症している訳ではない限り医学的には“乾燥肌 の延長線上にあるんです。つまり、乾燥肌が進行して悪化したものが敏感肌になると理解してください。

広告1

 

 

敏感肌の原因を理解しよう!!


 

もう一度言います。敏感肌は乾燥肌が進行して悪化した状態の事を意味します。

 

乾燥肌は、肌のバリア機能が崩れた状態ですよね。そこから更に機能が低下してしまうことによって、外部からの刺激で過剰反応を起こす状態を指し“ 敏感肌 ”と呼びます。
外部からの刺激というのは、化粧品やマッサージ、外気や紫外線などですね。

 

乾燥肌と同じく、水分保持や皮脂分泌機能が低下している状態なのです。

 

つまり、外部からの刺激に極端に弱くなってしまう原因はここにあり、全ては乾燥肌から招かれているということなんですね。化粧品,摩擦,空気,温度など、これらの刺激に敏感に反応してしまうのは乾燥肌の延長線上にあることを良く覚えておいてください。

 

乾燥肌の原因はこちら

 

広告1

 

 

界面活性剤は危険!


 

洗顔料の中には界面活性剤成分が含有しているものがありあます。しかし敏感肌の人にとっては危ないのです。

 

界面活性剤の働きによって汚れが落ち易くなりますが、洗顔方法や頻度によっては必要な皮脂までもが奪われてしまう可能性があります。
それどころか、敏感肌に関しては肌のバリア機能が極端に低下しているため、天然保湿成分(NMF)やセラミドといった水分保持に欠かすことのできない細胞間脂質までもが奪われてしまうという恐ろしさもあるのです。

 

因みに敏感肌の主な症状は、赤みや痒み、粉吹などが起こります。更に症状が悪化すると、肌が魚のウロコのように剥がれてきたり、かぶれや爛れを起こしてしまう場合もあります。

 

乾燥肌でもニキビができる事と同じように敏感肌にもニキビはでき得ます。脂性肌などとは違って、過剰な皮脂分泌が原因ではないので、洗顔のし過ぎなど皮脂の落とし過ぎに注意しながらきちんと汚れを落とすことが大切です。

 

広告1

 

 

敏感肌はこうして守る!


 

敏感肌の正しい洗顔方法は、まず第1に“ 洗顔料をよく泡立てて肌を擦ることなく泡を撫でるように洗う ”ということが基本中の基本です。
先ほども説明しましたが、汚れを落とし易くするために油分と水分を馴染ませる働きをする界面活性剤という化学合成物質が含まれている洗顔料は避けてください!

 

敏感肌のニキビケア化粧品の選び方

敏感肌の人にとって、自分の肌に合った化粧品の選定には悩まされるところですよね。肌のバリア機能が低下しているため、ただでさえトラブルが起きてしまいやすい状態なのに、その上ニキビができていては更にダメージを受けやすくなってしまっています。

 

これを踏まえるとやはり、乾燥肌の方と同じく基本は保湿に重点をおいてください!

 

大なり小なり、角質層内のセラミド不足によって水分保持機能が低下し、肌は乾燥への道を辿ります。まず乾燥肌に必要なのは保水能力を高めることですが、敏感肌は極端に肌バリア機能が低下しています。
保湿と同時にバリア機能を修復するグリチルリチン酸ジカリウムを含有する、保湿材やクリームに最も重点を置いてニキビケア商品を使用してください。
成分表示のチェック点としては、鉱物油の入っていないものが望ましいです☆

 

広告1

 

 

敏感肌の洗顔方法


乾燥肌や敏感肌にお勧めなのが天然クレイの洗顔料です。天然クレイのモンモリロナイト成分は、毛穴に溜まった汚れを吸着する性質のある天然粉末粘土が主成分なので肌に優しくて安全です。

 

それに、ミネラル成分が豊富に含まれており、このミネラルには細胞を活性化させてくれる働きがあるのでニキビケアにはもちろんのこと肌トラブルに悩む悩まない関係なくお勧めです。

 

御存知だと思いますが、洗顔はよく泡立てて肌を擦ることなく“泡を撫でるように洗う ”ということが基本中の基本です。

メーカーの共通点

クレイの洗顔量は様々なメーカーから発売されており、手作りキットなんかもありますね。商品を選定する上でのチェックポイントは、成分表示です。天然クレイが配合されていることと、その含有量の数値を見ましょう。
クレイ成分であるモンモリロナイトやガスール,カオリンなどが多く配合されているものがお勧めです☆

敏感肌の補足

 

敏感肌は鉱物油を極力避ける

鉱物油とは、代表的なところでミネラルオイルやワセリンなど、石油由来の油のことを指します。ミネラルと聞くと肌に良さそうな気がするかと思いますが、肌を活性化させてくれるミネラル成分とは別物なので気を付けましょう。

 

しかし、石油自体は天然資源であるため、良くないものだと決定付ける訳ではありませんが、敏感肌へは結果として刺激が強すぎる場合が多いので避けて通りたいところです。油分が要らないということではありませんので、セラミド成分をはじめ、オリーブオイルやホホバオイルといった植物性油を配合しているものを選びましょう☆

 

広告1

化粧品に含まれる収斂作用

収斂作用とは、毛穴を引き締めるのに有効的な成分が配合されている化粧品による効果です。毛穴ケアという意味でもニキビケア用化粧品として採用されているものが多く、アルコール(エタノール)が含まれているので使用感はさっぱりとした仕上がりになります。しかし注意したいところが、アルコールには揮発性があるため、蒸発する際に肌に必要な水分までもが同時に奪われてしまうというところです。

 

広告1

香料に潜む危険

お気に入りの香りは気分を晴れやかにし癒しをもたらしてくれますよね♪♪しかし、香料というのは、日光の影響によりかぶれやシミの原因になってしまうんです(/ _ ; )香りはお香やディフューザーで楽しむものとして、化粧品は無香料のものを選んだ方が無難です(u_u)

 

広告1

敏感肌の為の化粧品

敏感肌にとって自身のベストコスメに出会うことはなかなか難しいことですよね(/ _ ; )しかし近年では、皮膚科に通わなくても、皮膚科医が開発のもと発売されているドクターズコスメがあったり、全額返金保証の制度を取り入れたメーカーもあるので、比較的安心して購入できるものや気軽に試し買いができたりと、選択の幅が広がってきたかと思います(^_^)